採用辞退を考察する

イーウルでは、2月から採用活動して、かれこれ5ヵ月。

まだ、一人の採用にも至っておりません。

実は、この間、20人以上の応募がありましたが、面接・試験などでご縁が無かった方が多数おられます。

弊社に応募いただけましたが、ご縁が無く、申し訳なく感じる次第です。

 

その一方で、採用に至った方が3名おりましたが、3名がその後、入社辞退の連絡をいただきました。

せっかく、採用を決めましたが、応募者の都合で辞退となり、採用関係をしているスタッフさんはかなりのストレスになっています。

面接をして能力試験、作文などで採否を検討するのですが、どうも「思っていた仕事と違う???」と感じて辞退してしまうみたいです。

 

こちらも、採用に関してそれなりの時間と労力を応募希望者に使っていますので、これ以上、スタッフさんの時間を使うのは会社運営にマイナス影響になりそうなので、試験を二段階にしました。

まずは、能力試験、作文を受けていただき、及第点に達した場合の人のみ、面接試験をするような感じです。

 

当社を希望する方は、アルバイト勤務の方が多いのですが、そのせいなのか、「楽な仕事」感覚で応募されてしまう方が多いみたいです。

僕の考えとしては、正社員、準社員、パート社員は、労働時間の契約が違うだけで、責任ややることは、全員平等のつもりで、スタッフさんたちと接しています。

なので、教育・研修や資格手当などは、契約形態が違っても一律にしています。(先月は資格取得で給与が毎月1万円アップしたスタッフさんがいます。笑)

どうか、その点をご理解の上、当社の仕事に興味のある方は応募いただければ幸いです。

よろしくお願い申し上げます。m(_ _)m

関連記事
社長 e売るしくみ研究所
代表 山本直人

「ホームページはあるけど問合せが無い・・・」
インターネット集客で悩める日本全国の工務店経営者に
「どうやったらホームページで反響をとれるのか?」
をコンサルティングする毎日を送ります!

山本直人の社長ブログの最新記事

  • 月間アーカイブ

  • カテゴリー